Archive

Posts Tagged ‘FlipOut’

FlipOutでデータ通信をオフに

2010/10/16 Leave a comment

BlackBerry Bold 9700に挿したdocomo SIMは、通話+パケット定額+BISで約8500円より下げられず、iPad用のSIMも使用時間・量に関係ないフラット定額な状況…となると、黒SIMの月額料金をいかに抑えるかが重要。月月割を考慮すると、データ通信さえしなければ300円程度で済む。Softbank間の通話とSMS送受信用、小型軽量、Qwertyキーボード端末を探して、たどりついたのがFlipOutだった(E71で十分なのだが、Bold 9700とキー配置の細かな違いにとまどうことが多いので)。

しかし初のAndroid端末、どこでデータ通信をオフにしたらいいのか、さっぱりわからない。アプリごとのバックグラウンドでの通信をオフにしても、毎日100円ずつパケット通信料が増えていく。Twitterで先輩諸氏のアドバイスをお借りし、ようやく完全にデータ通信をオフにすることができた。

Background data
全体のバックグラウンドでの通信をオフにするためには、アプリごとの設定ではなく、Setting-Data manager-Data DeliveryでBackground dataをオフにする必要がある。ただしオフにしてしまうと、Marketを利用できなくなる(無線LANでも使用不可)。

DataOnOff for Android
さらにMarketで「DataOnOff」と、そのものズバリなアプリを導入。MMSも受信できなくなるが、Nokia端末同様、最初の何文字かは受信できるので、必要な場合は残りをダウンロードすればよさそう(これができないのが、iPhoneの不便なところ)。

それにしても、BIS契約つけたdocomoが高いなぁ…。インドネシアの月額1500円(さらに近隣諸国のローミングも安い)と比べてしまうと、ますますね…。持ち歩く台数を減らすためにも、キャリア間のSMS送受信が可能になるか、SoftbankがBlackBerryサービスはじめるか、本当に期待しているんだけど。

Advertisements
Categories: Android Tags:

FlipOutにストラップ

2010/09/24 Leave a comment

FlipOutのカスタマイズは一段落。いよいよ通話&SMS/MMSメインの端末として、これから活躍してもらうことになるのだが、気になるのは落下テスト。正方形で少し厚みがある形状、さらにキーボードを出す動作から考えると、いつか落としそうで怖い。FlipOutにはストラップホールがないので、自分で穴を開けてみることにした。

Motorola FlipOut
錐で開ければいいのだろうが、我が家のどこを探してもなく、あるもので代用することにした。けっきょく、つかったのは待ち針とドライバ。キーボードを出していない状態、出した状態、どちらでも対応できる場所はどこか、何度か試したうえで、位置を決め、待ち針でちくちく突いていく。

Motorola FlipOut
少し穴が開いたところで、小型のドライバをつかって、ギリギリと穴を大きくし、無事にストラップをつけられるようになった。

Categories: Android Tags:

Mms.apkの検証

2010/09/24 5 comments

いまだに理解できていないところもあるのだが、Root化し、/system/app/の中身をみたことで、少しだけFlipOutでのSMS/MMSの仕組みがわかったような…。以下2つのブログを参考にさせていただきながら、自分なりに検証してみた。
FlipOutの環境整備(Root化とMMS対応とフォント)
FLIPOUT で SoftBankカラー絵文字付き SMS が可能に! MMSも一部OK!

【SMS/MMSに関連すると思われるもの】
Conversations.apk
Conversation.odex
Messaging.apk
Messaging.odex

Yokin’s StudioさんのMms.apk.jakeMod11の場合】
1. Conversations.apkがインストールされた状態ではMms.apkが作動しない
2. そのためConversations.apkをリネームするか削除する必要がある
3. Messagingアイコンが2つできている(左がMms.apkインストールで加わったアイコン、右が標準Messagingアイコン)
Mms.apk
4. 標準Messagingを起動すると怒られる
Mms.apk
5. /system/app/からMessaging.apkを削除すれば、標準Messagingアイコンが消える(現在まで無問題)
6. MessagingでUAのカスタマイズが可能

モペログさんの絵文字Mms.apkの場合】
1. UK版の場合、pocketgamesさんのブログで紹介されているとおりにConversations.apkやMessaging.apkをリネーム、削除してしまうと、Messagingアイコンが消えてしまい、絵文字Mms.apkをインストールしても作動しない
2. Conbersations.apkとMessaging.apkを削除しなければ、絵文字Mms.apkをインストールすることは可能だが、Messaging上でのUAのカスタマイズは不可能
3. つまりMMS送受信のためにHandcent SMSが必要となる
4. カラー絵文字は不可能、フォント入れ替えで白黒絵文字はできる

以上から容量を考えると、Conversations.apk、Conversations.odex、Messaging.apk、Messaging.odexをリネームか削除し、Mms.apk.jakeMod11を導入するのが一番よさそうだ。なお、わたしはHandcent SMSの返信強制感が好きで、Mms.apk.jakeMod11とHandcent SMSの両方を入れていたのだが、MMSが2通送られてしまうので、Handcent SMSはアンインストールした。

Categories: Android Tags:

けっきょくRootとった

2010/09/24 1 comment

想像していた以上に、さわるのが楽しくなって、FlipOutのRootを取得してみた。文鎮になるのではないかとドキドキしながらの作業だったが、なんとか最低限のことはできたと思う。いまだに理解できていないことがたくさんあるのだが、とりあえず忘れないうちにまとめ。以下、試される方は自己責任で。。。

【Root化】
1. Universal Androotのインストール(端末からリンクにアクセス)
2. Android SDKのダウンロードと解凍
3. Windows PCのCドライブ直下に2.でできたフォルダ(android-sdk-windows)をコピー
4. マイコンピューター>プロパティ>詳細設定>環境変数>Pathの編集
「;C¥android-sdk-windows¥tools」を最後に加える
5. コマンドプロンプトで以下を実行
$ adb shell
$ su
6. 端末側でSuperuserのリクエストが出たら許可

【フォントの導入】
1. IPAモナーフォントのダウンロード
2. ipagui-mona.ttfを以下のフォント名に変更
DroidSans.ttf
DroidSans-Bold.ttf
DroidSansJapanese.ttf
3. 絵文字結合済みフォントをダウンロード
4. Helvetica.ttfを以下のフォント名に変更
DroidSansFallback.ttf
5. Windows PCと端末をUSBで接続する
6. micro SD直下に上記フォントをコピー
※端末画面上部のバー?を下にずりおろすと、USB接続方法を選択できる
7. USB接続方法を「Potal and tools」に戻す
8. コマンドプロンプトで以下を実行
$ adb shell
$ su
# mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock7 /system
# cp /sdcard/DroidSans.ttf /system/fonts
# cp /sdcard/DroidSans-Bold.ttf /system/fonts
# cp /sdcard/DroidSansJapanese.ttf /system/fonts
# cp /sdcard/DroidSansFallback.ttf /system/fonts
# reboot

【MMS設定】
現時点で予想どおりの挙動をしてくれるMMS.apkが見つかっていない(たぶん、わたしの設定に問題がある)のだが、肝は以下のコマンド。
# cp /sdcard/Mms.apk /system/app/
標準のMMS.apkを置き換えればいいようだ。ただ、MessagingではUA設定が表示されず、現在はUA設定できるHandcent SMSをそのまま使用している(いまだ標準Messagingでは日本語SMSを送れないし)。

Categories: Android Tags:

FlipOutに逝ってしまいました

2010/09/23 3 comments

いつもの言い訳なのだが、BlackBerry Bold 9700だとSBMの友人と通話・SMSできない、iPhone 4だとSMS打つの面倒くさい、という理由で、メイン回線SIMはNokia E71に挿していた。E71はとっても、とってもお気に入りの端末だが、Bold 9700と同じストレートQWERTY端末なだけに、キーロックとか句読点とか、両者の微妙なキー位置の違いが気になってしまう。スペックはそんなに求めないので、通話とSMSをメインにでき、かつQWERTYキーボードのついた端末が欲しいなぁと思っていた。

Motorola FlipOut
いまで十分だろうという良心の声を無視しながら、最後まで気になったのがMotorolaのFlipOutとNokiaのX5。けっきょく、一度は触ってみたいと思っていたAndroidに軍配があがり、PocketgamesさんでFlipOutを購入してしまった(なにしろインドネシアが最初の販売国だったようだし、いまでもX5を諦めたわけではないのだけど)。2週間強の旅の最後、2泊だけ滞在したロンドンでも、ひたすらFlipOutを探し求め、見つからなかったこともあって、日本で購入できる機会に飛びついてしまったのだ。

はじめてのAndroid。初日から文鎮にするわけにはいかないし、もともとの目的は通話とSMSだし、おとなしく素のままつかうことにして、Root化などはしていない。ただ思わぬところで落とし穴があった。日本語のSMSが送れないのだ。どんなにタイプしても、送信しようとすると文章が消えてしまう。うまく送れたと思っても、どうも空SMSになって相手に届いているらしい。試しに相方に送ったものを見ると、「SMS」としか書かれていない。

Handcent SMS
eternal7786さんがTwitterで紹介くださったHandcent SMSというアプリをインストールすると、あら不思議、ちゃんと日本語でSMS送受信できるようになった。

Handcent SMS
さらに、このアプリのすごいところは、SMSを着信すると、写真のようにポップアップされる。返信を後回しにしがちな怠惰なわたしには、この強制感がたまらなくいい感じ。

Bold 9700、iPhone 4との3台もちになるので、とくにアプリを入れる必要はなく、以下のみインストールしておいた。

【日本語化】
MoreLocale 2
OpenWnnフリック対応版
【アプリ】
Advanced Task Killer
ASTRO File Manager
Battery Indicator
Evernote
Foursquare
gReader
Handcent SMS
ShootMe(スクリーンショット)
twicca
Touiteur
WordPress

Categories: Android Tags: