Home > Android > FlipOutでデータ通信をオフに

FlipOutでデータ通信をオフに

BlackBerry Bold 9700に挿したdocomo SIMは、通話+パケット定額+BISで約8500円より下げられず、iPad用のSIMも使用時間・量に関係ないフラット定額な状況…となると、黒SIMの月額料金をいかに抑えるかが重要。月月割を考慮すると、データ通信さえしなければ300円程度で済む。Softbank間の通話とSMS送受信用、小型軽量、Qwertyキーボード端末を探して、たどりついたのがFlipOutだった(E71で十分なのだが、Bold 9700とキー配置の細かな違いにとまどうことが多いので)。

しかし初のAndroid端末、どこでデータ通信をオフにしたらいいのか、さっぱりわからない。アプリごとのバックグラウンドでの通信をオフにしても、毎日100円ずつパケット通信料が増えていく。Twitterで先輩諸氏のアドバイスをお借りし、ようやく完全にデータ通信をオフにすることができた。

Background data
全体のバックグラウンドでの通信をオフにするためには、アプリごとの設定ではなく、Setting-Data manager-Data DeliveryでBackground dataをオフにする必要がある。ただしオフにしてしまうと、Marketを利用できなくなる(無線LANでも使用不可)。

DataOnOff for Android
さらにMarketで「DataOnOff」と、そのものズバリなアプリを導入。MMSも受信できなくなるが、Nokia端末同様、最初の何文字かは受信できるので、必要な場合は残りをダウンロードすればよさそう(これができないのが、iPhoneの不便なところ)。

それにしても、BIS契約つけたdocomoが高いなぁ…。インドネシアの月額1500円(さらに近隣諸国のローミングも安い)と比べてしまうと、ますますね…。持ち歩く台数を減らすためにも、キャリア間のSMS送受信が可能になるか、SoftbankがBlackBerryサービスはじめるか、本当に期待しているんだけど。

Categories: Android Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: