Home > Android > Galaxy Tab 7.7のROM焼き

Galaxy Tab 7.7のROM焼き

寝モバにも持ち運ぶにも大きすぎるiPad 2を放出して、2月はじめにGalaxy Tab 7.7(P6810)を購入した。Galaxy Noteがあるので、日々持ち歩くことはないだろうとWiFiモデル。インドネシアに行く前に、rootをとり、CWMを導入しておいた。これが結果的には大正解だった。2月末だったか3月はじめだったか、バッテリー残量は十分だったにも関わらず、突然電源が落ち、起動しなくなったのだが、リカバリーモードから無事、以前の環境を復元できたからだ。

Galaxy NoteにICSを入れて、なかなか快適なので、P6810にもカスタムROMを入れてみることにした。xda developersを眺めていると、3G版のP6800、WiFi版のP6810用のCM9がリリースされている。α版だったが試してみることに。

1. ICS対応のCWM RecoveryをOdin(PDA)で導入する
[P6800/P6810] CWM Recovery 5.5.0.4 (4/21/12)
2. wipe data/factory reset
3. CM9をインストール
[P6800/P6810][WIP] CyanogenMod 9 (Alpha 1)

xdaでも指摘されているとおり、WiFiのシグナルが非常に弱いのと、いくつかのアプリが非対応だった。つづいて焼いたのが以下。

[ROM] {P6810 – WIFI ONLY} nOOb 2.1 [Stock: XXLB4-FOP] [03/30/2012]

ほとんどのシステム・アプリが削除されていて、なにやらサクサクつかえそう。CM9の安定版が出るまでは、このROMをつかってみようと思っている。

Categories: Android Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: