Home > iPhone/iPad > iPhoneカメラで文書をスキャンして翻訳

iPhoneカメラで文書をスキャンして翻訳

iPhoneあっぷ使ってみたを拝見し、かなり気になったので、アプリ「Babelshot」を購入してみた。文書をiPhoneのカメラで撮影し、テキスト認識させて、翻訳してくれるというものだ。

1. 言語選択
Babelshot for iPhone
起動させて、まずは言語を選択する。日本語認識はできないらしい。とりあえずインドネシア語の文書を認識させて、日本語に翻訳させることにする。

2. カメラで撮影
Babelshot for iPhone
マニュアルで文章を入力(もしくはコピー&ペースト)してもいいのだが、いわゆる翻訳アプリは別にもある。このアプリの売りはカメラをスキャナ代わりにつかうところだと思うので、適当にその辺にあった文書を撮影してみた。A4サイズでぎりぎり。iPhoneのカメラが広角だったらいいのに。

3. 範囲選択
Babelshot for iPhone
ときどき文書の向きがおかしくなるが、二本指でなぞって回転させればいいらしい。A4縦方向、ポイントは12ぐらいが、認識できる限度だと思う。

4. 言語認識中
Babelshot for iPhone

5. 認識されたテキストの修正
Babelshot for iPhone
認識されたテキストを修正できるようだが、あまりやりたい作業ではないような…。e、c、oあたりを、けっこう認識ミスしていた。ちなみに写真にある部分、正しくは
untuk meredam kerusuhan yang terus
berlangsung, Medio Desember 2001,
Jusuf
Kalla (Menkokesra saat itu) atas nama
pemerintah, mempertemukan
masyarakat
Poso yang bertikai di suatu tempat di
Sulawesi Selatan, bernama Malino1.
Tetapi

となる。Malinoのあとの1は注なのだが、こういうのは認識されなくても仕方ないか。

6. 翻訳完了
Babelshot for iPhone
まぁまぁの結果。
依然としてつづく紛争を鎮めるために、2001年
12月中旬、ユスフ・カラ(当時、国民福祉担当調整相)は
政府の名において、南スラウェシ州のマリノという名の
場所で人びとを会談させました

が正しいのだが、けっこう難しめの単語も訳せている。

辞書を引いた方が確実に早いと思うので、あまりつかう機会はないかもしれないが、もっていて損はない…はず。希望としては、その場で撮影するだけではなく、ライブラリから画像やPDFを選択できたりるようになると、もっと便利だろうなぁと。。。

Categories: iPhone/iPad Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: