Home > PC > HP Mini 1000でWindowsとUbuntu

HP Mini 1000でWindowsとUbuntu

以前から気になっていたWindowsとUbuntuのドゥアルブート、MIE公開をきっかけに挑戦してみることにした。

Ubuntu 8.10だと、まるでアプリをインストールするかのように、Windows上にインストールすることが可能で、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」をつかって、簡単にアンインストールもできる。起動のときに、どちらのOSを立ち上げるかを選択するだけでよい。Windows上でWLAN、Bluetooth、WWANをオンにしておけば、Ubuntu上でもデバイスが認識された。

ここまで確認して、いろいろ試したくなってしまった。

Windowsのサイドバーガジェットをつかいたいので、Windows7とUbuntuのデュアルブートにしてみたい。しかし、上記方法でインストールするも、起動のときにOSの選択ができず、W7が立ち上がってしまう。

つぎにMIEのかっこよさが忘れられず再インストール。日本語化はつぎに挑戦するにしても、どうしても必要なWindowsのソフトがあるので、デュアルブートできることが必須。Virtualboxを導入し、仮想マシンのなかにWindowsを入れることにした。たぶんVirtualbox自体はインストールできたと思うのだが、MIEのアプリランチャーに現れない。

そもそもLinuxに慣れる必要があると痛感させられた。考えてみれば、十数年前、Windows3.1のころ、大学の電算機センター主催の「電子メールのつかいかた」講座で、なにやらコマンドをつかったきりだ。まずはUbuntu日本語をつかえるようにして、そのあとMIEに挑戦するのがよさそう。

Ubuntu on VMWare

今度はWindows7にVMWareをインストールし、仮想マシンでUbuntu日本語をつかえるようにしてみた。当然なのだろうけど、動作は重いし、SSDの容量も食う。ということで、現在SDHCにUbuntuをインストール中。

【重要】
Ubuntuをアンインストールする際は、Windows回復コンソールのコマンドプロンプトをつかい、
XPの場合:fixmbr
Vista/7の場合:bootrec /FixMbr→bootrec /RebuildBcd
でMBRにWindowsを起動するプログラムを書き込むこと。これをしないとブートしなくなる(体験済み)。

Categories: PC Tags: ,
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: