Home > PC > HP Mini 1000のHSDPA化への道<天国編!>

HP Mini 1000のHSDPA化への道<天国編!>

Three Hong Kong、Telkomsel Indonesiaで接続に成功しても、日本で自由につかえなかったら意味がない。まさかローミングで接続して、気絶しそうな請求を待つような暴挙には、さすがに出られない。Three Hong Kongはプリペイドだから、自分でコントロールできるだろうけど、毎日のように100香港ドルずつ追加して、気づいたらすごい額だったなんて羽目になるのも困る。

なにかヒントがあるかもしれないと、MyHPMiniのフォーラムを読みつづけた。Windows 7での動作報告がある。紹介されているドライバやソフトだと、挙動が変わってくるかもしれない。HS2300装着のためにXPに戻したHP Mini 1000に、再度Windows 7をインストールし、MyHPMiniの指示どおり作業を進めた。

やっぱり、3G Watcherでの「SIMネットワーク拒否」のエラーは変わらない。これ以上、どうしていいかわからない。3日間、ほとんど寝ないで作業したけど、けっきょくはダメだった。インドネシア内で楽にネットに接続できるようになったので諦めるしかないのか。

1年後か2年後、NTT DoCoMoの縛りがあっても、日本国内用にWWAN内蔵のパソコンを買おうかなぁ。これ以上回線増やしたくないなぁ。そんなことを考えながら、「NTT Docomo」「WAN」「APN」「設定」あたりで検索をかけて、ネットサーフィンしていた。そして目にとまったのが「ATコマンド」と「CID」。

もしかしたら…。

HS2300 on HP Mini 1000
やった! 3G Watcherでエラーを無視して、モデムの詳細設定でATコマンドを入力し、ダイアルアップ接続を自分でつくって、ついに、ついにHP Mini 1000のHSDPA化は成功したのだった。

それにしても、いまとなっては、壊す前の1台目で、3G Watcherからなぜアクセスできたのか不思議でたまらない。まぁ、終わりよければすべてよしってことで!

Categories: PC Tags: ,
  1. rgb400
    2009/02/03 at 14:15

    私のときにも初期化接続文字列は必須でした。
    しかし、香港の3や台湾のVodafoneでは不要でした。
    アンテナも私のは切りっぱなし(テスト用の環境はその使い方なので頭が付いていると組むときが大変で)でも一応受信していたのですが すいません。
    ハードリセットなどのときに、設定が自動的に(初期間文字列)BIOSがセットするものもあるので 油断大敵ですけどね。

  2. 2009/02/03 at 15:46

    rgb400さま、ありがとうございます。
    アンテナ、切ってしまっても大丈夫なのですね!
    あのときにThree HKなどで試していれば、こんなに苦労しなかったか…(苦笑)。最後の最後に、b-mobile 3Gで接続できない問題が特定できるまで、どこが悪いのかわからなかったのです。
    2台も買うというムダな行為ではありましたが、今回はじめて、液晶パネルをはずすまでの解体を経験し、ようやく少しずつ原理がわかりはじめたというか、いろいろ勉強になりました。

  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: