Home > PC > HP Mini 1000のHSDPA化への道<さらなる試練編>

HP Mini 1000のHSDPA化への道<さらなる試練編>

気をとりなおし、夜ご飯を食べに行きがてら、2台目のHP Mini 1000(HDD60GBタイプ)を購入しに行く。相方にイーモバ2年縛り(しかも月額も高いw)の犠牲を払ってもらって、9780円でゲットできたのは、本当に助かった。SIMがお陀仏になったので、ポイントでb-mobile 3Gも買い直した。

HS2300 on HP Mini 1000
帰宅後、まず2台目のBIOSを書き換えを済ませたうえで、1台目に取り付けるためHDDをはずしてしまう。

準備しておいた無線LANアンテナで苦労するのはイヤだったので、1台目の無線LANアンテナを1本はずし、2台目の無線WANアンテナとして流用しようと考えたのがいけなかった(結果的にはよかったのだけど)。アンテナのイメージとして、以前のEverun用のものが頭にあったため、はずすのに苦労するとは、あまり考えていなかったのだ。

アンテナの端子?をはずし、ケーブルをたどっていく。なんだか考えていた以上に長い。ファンの上に貼ってあるシールをはずし、とにかく先を目指す。ケーブルは、スピーカーのなかに入り込んでいる。スピーカーのなかが空洞になっていて、そこに先があるのかなぁ、とまだ楽観視していた。

が、しかし…ケーブルはつづくよ、どこまでも~♪状態。液晶と底面が別れ離れになり、そろそろ原状復帰する自信もなくなってきた。戻せなくてもいいや、部品取り用にしようと腹を括り、液晶も分解する。液晶って薄いプラスチックのパネルで保護されていたのね…。蓋のようになっている、このパネルを剥がして、ケーブルをたどっていく。

HS2300 on HP Mini 1000
上部の左右に、アンテナの先っぽ発見! 薄い! 左のものだけ、ちょうだいすることにする。すっかりうれしくなって、バラバラになった1台目を元に戻す気力も出てきた。ケーブルの束ね方が雑になったが、あまり緻密な性格ではないので、まぁ仕方がない。ちゃんと起動できて、1本になったアンテナでも無線LAN接続できたのでよしとした。

ただ、あとで液晶の部分を拭いたら、パネルの裏側にべったり指紋がついているのはいただけない。解体する気力はないので、液晶の一部をはずして拭くことにした。今度は細かいほこりが入ってしまった。うーん。あとで解体する気力があったら、もう一度トライしてみるかなぁ…。

HS2300 on HP Mini 1000
というわけで、1台目からもらってきた無線LANアンテナは、無事2台目に装着され、先っぽのシール部分は、SSDの上に貼り付けられた。

Categories: PC Tags: ,
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: