Home > PC > HP Mini 1000のHSDPA化への道<装着編>

HP Mini 1000のHSDPA化への道<装着編>

今回準備したのは、以下の2つ。

HS2300 on HP Mini 1000
HP HS2300 SIERRA MC8775(SIMロック解除済み)

HS2300 on HP Mini 1000
無線LAN用アンテナ

WWAN用アンテナの入手が非常に難しい。EverunをHSDPA化した際に買物隊で購入したMC8775にはアンテナがついてきたので、これをとっておけばよかった…。が、悔やんでも仕方ない。無線LAN用アンテナで代用可能との報告をみつけ、無線LAN用アンテナを購入した。

しかし、このアンテナ、先が大きいのである。そもそもアンテナの原理を理解していないわたしは、2本あるし試してみようと、先をざっくり切ってしまった(笑)。因果応報。このあたりから悲劇ははじまった。

HS2300 on HP Mini 1000
MC8775の取り付け自体は、いたって簡単。MiniPCIスロットがあるので、挿しこむだけでいい。問題は、なぜかネジ穴の位置がずれていて、プカプカ浮いてしまうこと。いかに安定させるかは検討材料だ。

HS2300 on HP Mini 1000
アンテナの先っぽを切り、SSDのフレキにある空間に入れて、しめしめ…と間違った満足感にひたる。

HS2300 on HP Mini 1000
バッテリーをはずしたところにあるSIMスロットに、b-mobile 3GのSIMを挿す。
解体作業を逆にたどり、組み立てたうえで起動させてみた。
…スイッチがオンにならない!
ややパニックになりながら、再度解体。組み立てているあいだに、MC8775がゆるんでしまっている。挿し直し、アンテナにくっついていたテープ(バカなわたしでも、さすがにセロテープやガムテープを貼るのはマズイかなーと思ったのだ)を一部ちょうだいして、MC8775を安定させて、組み立てた。

このあたりで、解体→組み立てを繰り返すのが面倒になってきた。jkkmobileで紹介されているビデオでも、キーボードをはずしたままで作業していたことを思い出し、完全に作動を確認できるまでは、解体した状態で作業をすることにした。

MC8775がしっかり挿さった状態で、問題なくスイッチはオンになった。よかった、壊れていない。しかし…

HS2300 on HP Mini 1000
HP HS2300でもBIOSで拒否られた!

Categories: PC Tags: ,
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: